動物の好奇心

5匹の動物が死んだふりをして...生き残るために!?

自然界では、多くの動物が捕食者の危険と隣り合わせになることが多いです。危険に直面すると、身を守るために不思議な戦略をとります。その一つが、“死んだふりをする”ということです。この戦略は、注意をそらした捕食者を追い払うため、足止めして逃げるため、あるいは直接攻撃を避けるために取る行動です。

捕食者の中には、動かない獲物に興味を示さず、すでに死んでいると思い込むものもいるので、これは動物の生存のために役立つといえるでしょう。

それでは、この方法を使う5つの動物を一緒に発見してみましょう。

Wikimedia
生き残るために...死んだふりをする動物5選!
自然界では、多くの動物が捕食者の危険と隣り合わせになることが多いです。危険に直面すると、身を守るために不思議な戦略をとります。その一つが、“死んだふりをする”ということです。動かない獲物に興味を示さず、すでに死んでいると思い込むものもいるので、これは動物の生存のために役立つといえるでしょう。それでは、この方法を使う5つの動物を一緒に発見してみましょう。
Di Cody Pope - Wikipedia:User:Cody.pope, CC BY-SA 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?cur
バージニアオポッサム (Didelphis virginiana)
バージニアオポッサムは有袋類の哺乳類で、生き残るために、捕食者の前では死んだふりをすることがあります。逃げ遅れたり、攻撃者を威嚇できなかったりすると、強直性不動状態になり、それは数時間続くことがあります。
Freepik
キツネ (Vulpes vulpes)
キツネは死んだふりをしてカラスなどの獲物を捕らえますが、カラスは腐肉と勘違いして近づき、逆に捕まって食べられてしまうという戦術をとるのです。
Pubblico dominio, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=326305
ヒアリまたはアカヒアリ(Solenopsis invicta)
この種の若い働きアリは、近隣のコロニーとの対決を避けて長生きするためにタナトシスという戦略をとりますが、成虫は直接対決を好みます。
https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=468086
みなの葉カエルPhyllomedusa burmeisteri
Phyllomedusa burmeisteri は、ブラジルのカエルの一種で、自身が出す毒素が捕食者から身を守るのに十分でない場合、死んだふりをし、攻撃者を追い払うために強壮不動という戦術をとります。
By Diliff - Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=19060525
ヨーロッパ野ウサギ (Oryctolagus cuniculus)
ヨーロッパ野ウサギは、俊敏で足が速いものの、近くの捕食者から逃げられないときにタナトシスという戦術をとり、捕食者の気を引いて逃げるチャンスを得ようとしますが、捕食者が騙されない場合には、そのまま餌食となってしまうこともあります。
アートギャラリー プライベートコレクション
16/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.