キャッツ

猫が子猫を食べてしまう5つの理由

人間にとってはショッキングな行動だが、猫が子猫を食べるのにはいくつかの自然な理由がある。

この概要は、この奇妙な行動の背後にある理由を発見することにつながる。

母性本能、病気、経験不足、栄養失調、さらにはストレスの多い労働がこの行為につながる可能性があることがわかるだろう。このフォトギャラリーは、猫の最も理解されていない行動のひとつについて、その唯一の視点を与えてくれる。この魅力的で複雑なネコの現実を探求する準備をしよう。

Freepik
猫が子猫を食べてしまう5つの理由
人間にとってはショッキングな行動だが、猫が子猫を食べるのにはいくつかの自然な理由がある。この概要は、この奇妙な行動の背後にある理由を発見することにつながる。母性本能、病気、経験不足、栄養失調、さらにはストレスの多い労働がこの行為につながる可能性があることがわかるだろう。このフォトギャラリーは、猫の最も理解されていない行動のひとつについて、その唯一の視点を与えてくれる。この魅力的で複雑なネコの現実を探求する準備をしよう。
freepik
栄養失調
栄養失調で、子猫を食べることで得られる栄養が必要な場合、猫は子猫を食べるかもしれない。胎盤もよく食べられる。猫が極端に痩せている場合、生き残るために子猫を全部食べてしまうかもしれない。子猫が残っていれば、母乳からより多くの栄養を得ることができ、1匹を犠牲にすることで他の子猫の健康が改善されることもある。
Flickr.com
子猫が死産した場合、猫はそれを消費するしかない。
freepik
栄養素の回復
長い陣痛の間、猫は失われた栄養を回復するために子猫を食べることがある。これは、ストレスの多い長い陣痛の後、猫が空腹になり、出産を続けるための栄養を得ようとしているときに起こる。猫は肉食動物であるため、このような状況で子猫を食べることで栄養面を得るのである。
freepik
経験不足
経験が浅いために、子猫を食べてしまう母猫がいるかもしれない。どう振る舞っていいかわからなかったり、乱暴に扱ったりして、誤って子猫を殺して食べてしまうのだ。これはまれなことだが、起こりえることなのである。
Freepik
病気
母猫は病気や不健康な子猫を食べてしまうかもしれない。猫には高度に発達した嗅覚があり、病気を察知することができる。この行動は、病気の子猫が死んだ場合に広がる可能性のあるバクテリアから、他の子猫を守るためである。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.