猛獣

噛む力が強い動物もいます

動物の強さは、体格の良さや筋肉の強さだけで測れるものではありません。

例えば、噛む力は歯や顎だけでなく、閉じる時も重要です。そこで、嚙み合わせの推定を行うために、学者たちはオクルーダーを使用し、考慮する動物の身体構造に関する研究と知識に基づいて、コンピュータ上でより安全なシミュレーションを行いました。

ここでは、自然界で最も強力な噛みつきの推定値を示します。力はpsiで計算されています。つまり、1平方インチの面積に1ポンド(約453グラム)の力がかかったときに発生する圧力のことです。

Getty Images, Wikimedia Commons
この動物たちの噛む力は本当に強力
動物の強さは、体格の良さや筋肉の強さだけで測れるものではありません。例えば、噛む力は歯や顎だけでなく、閉じる時も重要です。そこで、嚙み合わせの推定を行うために、学者たちはオクルーダーを使用し、考慮する動物の身体構造に関する研究と知識に基づいて、コンピュータ上でより安全なシミュレーションを行いました。ここでは、自然界で最も強力な噛みつきの推定値を示します。力はpsiで計算されています。つまり、1平方インチの面積に1ポンド(約453グラム)の力がかかったときに発生する圧力のことです。
Getty Images
シベリアン・タイガー(Panthera tigris altaica)、約1050psi
シベリアン・タイガーは、平均体重が約200kgと、野生のネコ科動物の中でも最大級の大きさです。その咬みつきは、自然界で最も強力なもののひとつです。
Norbert Nagel, Mörfelden-Walldorf, Wikimedia Commons
ワニガメ(Macrochelys temminckii )、約1100psi
北米最大のリクガメで、体重は100kgにもなります。その噛む力は、ライオンやホワイトシャークよりも強力で、平均するとトラに匹敵します。
Getty Images
斑点ハイエナ(Crocuta crocuta )、約1100psi
斑点ハイエナは現存するハイエナの中で最も大きく、獲物を狙うハンターであると同時に、腐肉を食べるオポチュニストでもあります。その噛む力は、食物の一部である骨を砕く必要があるためで、その力は最大4,900Newton にも達します。
freepik
グリズリーベア(Ursus arctos horribilis)、約1160psi
理論的には、グリズリーベアはその噛む力のおかげで、ボーリングの球を割ることができます。
Getty Images
ホッキョクグマ (Ursus maritimus)、約1235psi
ホッキョクグマは現存する最大の陸上肉食動物で、その歯列には42本の歯があります。噛むと1平方センチメートルあたり約87キログラムの圧力をかけることができます。
Getty Images
ゴリラ(Gorilla )、約1300psi
ゴリラの歯は32本で、牙のような非常に大きな犬歯があります。その噛む力の強さにもかかわらず、類人猿の中で、ゴリラは最もベジタリアンな食生活を送っている動物です。葉を主食としますが、種類や季節によっては果実も食べます。
Pterantula, Wikimedia Commons
リューカシャーク(Carcharhinus leucas)、約1350psi
リューカシャークは淡水に耐えられる数少ないサメのひとつで、予測不可能で時に攻撃的な行動をすることで知られています。浅瀬を泳ぐことができるため、このサメは人間にとって最も危険な存在となる可能性があると考えられています。
Getty Images
ジャガー(Panthera onca)、約1500psi
ジャガーの噛む力は強く、カメの甲羅を貫くことができるほどです。また、哺乳類の耳の間にある頭蓋骨に直接噛みつき、脳天に致命的な一撃を与えるという珍しい方法で獲物を仕留めます。
Freepik
カバ(Hippopotamus amphibius):1825psi程度。
総咬合圧はほぼ800kg力(8000Newton )です。カバの体重は大きいもので3500~4500キログラムにもなります。
freepik
ミシシッピ・アリゲーター(Alligator mississippiensis)、約2125psi
このワニの噛む力はすさまじく、ホオジロザメの6倍にあたる16,000ニュートンの力で顎で圧迫することができます。また、顎は100分の20秒程度で閉じ、時速では約380キロメートルに相当します。
Molly Ebersold of the St. Augustine Alligator Farm, Wikimedia Commons
ウミワニ(Crocodylus porosus)、約3700psi
この爬虫類の噛む力は16,000ニュートンを超え、マリアナ海溝の底と同じ1平方センチメートルあたり1,000キログラム以上の圧力となり、顎は100分の20秒で閉まります。もちろん、その噛む力であらゆる骨を折り、軟体動物や大きな亀の殻も瞬時に粉砕できるのです。
Getty Images
ナイルワニ(Crocodylus niloticus)、約5000psi
海水ワニの強さとよく似ているのが、ナイルワニの強さです。その噛む力は16,400以上Newton 、その顎の圧力はマリアナ海溝に匹敵し、平均してホワイトシャークの約10倍です。その歯は常に成長し、新しい歯と入れ替わります。にもかかわらず、ワニは噛むことができないのです。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
11/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.