猛獣

世界最速の動物たち

動物界における霊長類の地位確立は、種の大きさや生態系の違いを考えると、決して単純ではない。

巨大なものから小さなものまで、海から陸から空まで、多くの動物がスピードを強みとしている。

ここでは、体重と生息する生態系との関係から、世界で最も足の速い動物10種を紹介する。

Freepik, Wikimedia Commons
大きさと生息地の関係で最も速い動物
霊長類を動物界に定着させるのは、サイズや生態系の点で多様な種がいることを考えると、決して容易ではない。巨大なものから小さなものまで、海から陸から空から:多くの動物がスピードを強みとしている。ここでは、体重と生息する生態系との関係から、世界で最も足の速い動物10種を紹介する。
Getty Images
シベリアタイガー
シベリア南東部の固有種であるシベリアタイガーは、獲物を狩るときには時速90キロにも達する。雪の多い環境でも狩りができることを考えると、このトラは非常に運動能力が高いと言える。
Freepik
トンボ
トンボは非常に小さいにもかかわらず、その非常に速い羽ばたきによって時速50キロを超えることができるが、危険が迫ると時速100キロにも達すると言われている。
Freepik
ダチョウ
ダチョウは陸上で最も速い鳥であり、長距離を走ると時速55キロ程度を維持できるが、短距離を走ると時速70キロに達することもある。
Jackiemora01, Wikimedia Commons
バショウカジキ
バショウカジキは通常、かなり持続的なスピードで泳ぐが、最高の泳ぎをするときは、背びれのおかげで時速100キロ前後に達する。さらに、このカジキは水面からのアクロバティックなジャンプでも知られている。
Felix Sanchez Villarejo, Flickr
メカジキ
バショウカジキと同様、メカジキもその空気力学的な形状のおかげで時速100キロに達することができる。
Patrick Doll, Wikimedia Commons
アオザメ
アオザメは狩りの際、時速125キロで泳ぐことができる。また、このサメは漁船に乗り込むことができることでも知られており、人間に危険を及ぼす可能性がある。
Freepik
チーター
チーターは史上最速の陸上動物として知られている。そのスピード記録は時速115.2キロで、それは1959年までさかのぼるが、より洗練された新測定システムによって、最高時速93キロという数値が記録されている。しかし、チーターがこのような極限のスピードで走れるのは、ほんのわずかな時間と短い距離だけである。
Freepik
ペレグリン・ハヤブサ
陸から空へ:ペレグリン・ハヤブサは実に速い動物で、急降下速度は時速385キロにも達する。絶対的なスピードという点では、この猛禽類は世界最速の動物であり、この特質のおかげで、半径3キロ以内の獲物を簡単に捕らえることができる。
Freepik
ハチドリ
ハチドリは世界最小の鳥として有名だが、もうひとつの特徴は、非常に速い翼のビート(毎秒12~80ビート)である。さらに、ハチドリは優れたスプリンターであり、時速100キロに達することができる。
Freepik
クマムシ
史上最速の動物というわけではないが、昆虫の中では、クマムシほど速いものはいない。クマムシは秒速2.5メートルに達することができ、これは人間で計算すると時速約810キロに相当する。
ハリウッドニュース
12/06/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
12/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.