動物の好奇心

毒蛇に噛まれた場合の対処法

毒蛇を見分ける最も簡単な方法のひとつは、頭を見ることである。頭部は三角形で、体よりも幅広に見える。

ヘビに咬まれた場合、適切な対処法を知るために、注意すべき点がいくつかある。また、咬まれないための予防策も重要である。

そこで今回は、咬まれないための予防法、毒蛇に咬まれた場合の対処法、最悪の事態を避けるための最善の行動について紹介しよう。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Vipera_ursinii_macrops.jpg#/media/File:Vipera_ursinii_macrop
毒蛇の見分け方
毒ヘビを見分ける最も簡単な方法のひとつは、頭部を見ることである。頭部は三角形で、胴体よりも幅広に見える。ヘビに咬まれた場合、適切な対処法を知るために、注意すべき点がいくつかある。また、咬まれないための予防策も重要である。そこで今回は、咬まれないための予防法、毒蛇に咬まれた場合の対処法、最悪の事態を避けるための最善の行動について紹介しよう。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Vipera_aspis_aspis.jpg#/media/File:Vipera_aspis_aspis.jpg
注意事項
毒蛇に対処する際には、できるだけ噛まれないようにすることが非常に重要である。そのための最善の方法のひとつは、長ズボンや登山靴など、適切な服装を身につけることだ。また、毒蛇の隠れ家になりそうな場所(木の山など)に近づくときは、手に注意する必要がある。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Vipera_ammodytes.jpg#/media/File:Vipera_ammodytes.jpg
毒蛇に噛まれたことを認識する
噛まれた後、どのように見分ければよいのだろうか?一般的に特徴的な徴候は、0.5/1cm離れた2つの小さな穴である。咬まれた部位(体のどの部分で咬まれたか)、咬まれてからの経過時間、環境温度(熱は体内の毒液の循環を促進する)など、さまざまな要因によって咬まれたときの臨床は異なる。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Vipera_aspis_Lothringen_151.jpg#/media/File:Vipera_aspis_Lot
毒蛇に噛まれた場合
毒蛇に咬まれて毒が放出された場合(20%は放出されないこともある)、数分以内に強い痛みと灼熱感が生じ、硬い浮腫、紅斑、出血性水疱が現れる。刺された毒液の量によっては、血行動態、凝固、腎障害、神経障害などの全身臨床作用が現れることもある。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Loch_Shin_adder.JPG#/media/File:Loch_Shin_adder.JPG
毒蛇に噛まれた後の対処法
毒蛇に噛まれたら、まず冷静になること。指輪やブレスレットをしている場合はすぐに外し、可能であれば傷口を過酸化水素で洗うこと。下肢を咬まれた場合は、包帯を巻いて慎重に圧迫する。いずれにしても、最寄りの救急病院に行く必要がある。
アートギャラリー プライベートコレクション
16/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.