キャッツ

クロアシネコ、世界最凶のネコ科動物と言われる理由

クロアシネコは、アフリカで最も小さいネコ科動物とされています。学名はFelis nigripesで、肉食の哺乳類です。

体長は52cm、尾の長さはその半分程度です。体重は雄で2.5kg、雌で1.5kgになります。

クロアシネコは、世界最凶のネコの1つとしても知られています。その理由を探ってみましょう。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Zoo_Wuppertal_Schwarzfusskatze.jpg#/media/File:Zoo_Wuppertal
アフリカ最小のネコ科動物
クロアシネコは、アフリカで最も小さいネコ科動物とされています。学名はFelis nigripesで、肉食の哺乳類です。
wikimedia.org
サイズ・重量
体長は52cm、尾はその半分ほどです。体重は雄で2.5kg、雌で1.5kgあります。
wikimedia.org
最凶のネコ科動物の1つと言われる理由
クロアシネコは、世界最凶のネコ科動物のひとつとしても知られています。この種は、狩猟に成功する確率が60%であることから、このような特徴があるとされています。
wikimedia.org
毛皮の色
クロアシネコは、前足の色が特徴的な黒色であることから、そう呼ばれています。一方、毛色は褐色の金色で、黒や茶色の斑点があります。ネズミ、鳥、節足動物などを捕食します。
wikimedia.org
生息地
クロアシネコは主に乾燥地帯に生息しており、ナミビア、ボツワナ、南アフリカなどのアフリカ諸国に生息しています。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.