トップページ

サイが再び歩けるように獣医師が義足を製作

南アフリカの保護区内(ポロクワネ近郊)で飼育されているシロサイの子供が、獣医師と野生動物アシスタントにより手術を受けて回復した。

このサイの赤ちゃんは、しばらく前にライオンに襲われ、その結果、右後ろ足に腱損傷を負ったため、まともに歩けなくなっていた。

そのため、獣医は脚の石膏ギブスを作り、それを義足にして埋め込むことで、サイが可能な限り自然な形で再び歩けるようにした。

ANSA
獣医師によるシロサイの手術
南アフリカの保護区(ポロクワネ近郊)に収容されているシロサイの赤ちゃんが手術後に回復するのを、獣医師と野生動物アシスタントが手助けした。
ANSA
子サイを手術した理由
このサイの赤ちゃんは、しばらく前にライオンに襲われ、その結果、右後ろ足の腱を損傷したため、まともに歩くことができなくなっていた。
ANSA
サイを助けるために何が行われてきたか
そこで獣医師たちは、脚の石膏模型を作り、それを義足にして埋め込むことで、サイが可能な限り自然な形で再び歩けるようにした。
ANSA
この手術には、世界各国から学生が駆けつけた
南アフリカで毎年開催されるSYMCO獣医野生動物シンポジウムに参加した世界中の獣医学生たちが、手術の全過程を監視した。
ANSA
SYMCOの目的
SYMCOの目的は、世界中の野生動物保護の戦いにおける野生動物獣医師の重要性を強調することである。もうひとつの目的は、野生動物保護に関する獣医師コミュニティ内での議論と意見交換を促進することである。
ハリウッドニュース
12/06/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
12/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.