ドッグス

犬に多い病気:主な症状でわかること

犬は私たちの忠実な4本足の仲間ですが、残念ながら、人間と同じように病気になり、深刻な事態に陥る可能性もあります。

しかし、早期に発見することで、適切な処置を施し、愛する4本足の仲間に健康で長生きしてもらうことが重要です。

このフォトギャラリーでは、犬で最も一般的な病気の主な症状の概要を説明し、その見分け方を説明することで、あなたのペットを緊急に獣医に連れて行く必要があるかどうかを理解することができます。(出典:imieianimali.it)

Freepik
胃炎
診断が難しい胃炎は、犬では頻度の高い病気です。栄養不足が原因で胃粘膜に炎症が起こる病気です。この病気は、嘔吐、腹部膨満感、食欲や体重の減少、元気のなさ、唾液の過剰分泌などの症状があらわれます。
Freepik
耳炎
耳炎は耳の感染症で、特にコッカースパニエルのように耳が長く垂れている犬種に多く、水との接触や非常に湿度の高い環境にさらされることで起こります。耳炎の症状は、耳から悪臭がする、黄色っぽい液体が分泌されるなどです。また、このような状態になると、通常、犬は耳をかきむしったり、頭を横に振ったりする傾向があります。
Freepik
ジステンパーウィルス感染症
ワクチンもありますが、この病気は非常に感染力が強く、ワクチン未接種の子犬や動物では命にかかわることがあります。この病気は、おりもの、発熱、咳、くしゃみ、下痢など、非常に多様な症状を示すことがあり、そのため、特定が非常に困難です。
Freepik
関節症
関節症は、主に股関節と肘関節の炎症と変性による病気で、老犬やジャーマンシェパード、ドーベルマンなど特定の犬種に多く見られます。主な症状としては、関節や後肢・前肢の跛行、痛み、硬さ、腫れ、震え、動きが鈍くなる、などがあります。
Freepik
腸内細菌
犬が感染する「腸内細菌」のうち、最も一般的なのはサナダ虫で、感染した犬の糞便や生食・加熱不足の食物を摂取することで感染します。主な症状は、下痢、体重減少、貧血、腹部膨満感、腹痛、便潜血、嘔吐、発熱などです。
Freepik
疥癬
疥癬は、ダニが真皮に感染して起こる皮膚病です。この病気に関連する主な症状は、脱毛、強いかゆみ、かさぶた、運動不足、皮膚の赤み、紅斑、リンパ節の腫れ、発熱などです。
Freepik
パルボウイルス
パルボウイルスは、主に消化器系を侵す病気ですが、心臓や腸の機能を正常に働かせられなくなることもあります。犬パルボウイルスの症状としては、嘔吐、食欲不振、血便、疲労、下痢、うつ病、元気不足、脱水などがあります。
Freepik
リーシュマニア症
リーシュマニア症は、リーシュマニア属の原虫によって引き起こされる寄生虫由来の感染症であり、昆虫(蚊)によって媒介されます。この病気が現れる主な症状は、痩身、多食、リンパ節の増加、爪の不釣り合いな伸長、治癒しない皮膚潰瘍、毛包性皮膚炎、鼻出血、角膜炎などです。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.