猛獣

絶滅の危機にある美しい動物「ユキヒョウ」。この美しいネコ科動物のすべてを知る必要があります。

1775年にトルクメニスタンとイランの国境にあるコペートダグ山脈で発見された中央アジアの山岳地帯に生息するネコ科動物。

ユキヒョウの特徴は、薄い灰色からクリーム色まで様々な色の厚い毛皮です。 一般のヒョウと比べると小型で、体重は25kg(雌)から75kg(特に大型の雄)あります。

ユキヒョウは非常にシャイで控えめな動物として知られていますが、同時に魅力的な動物でもあります。ここでは、この壮大な動物に関する興味深いいくつかを紹介しましょう。

Freepik
ユキヒョウに関するいくつかの興味深いこと
ユキヒョウ (Panthera Uncia) は、中央アジアと南アジアの山脈に生息するネコ科動物で、1775年にトルクメニスタンとイランの国境にある山々 (Kopet-Dag) から最初の種が報告されました。この素晴らしいネコ科動物の特徴は、薄い灰色からクリーム色まで様々な色の厚い毛皮を持っていることです。 ユキヒョウは普通のヒョウと比べると小さく、体重は25kg(雌)から、特に大きい雄では75kgになります。 非常に内気で控えめな動物として知られていますが、同時に魅力的な動物でもあります。残念ながら、様々な要因によりその生存が脅かされているのです。ここでは、この壮大な動物に関する興味深いことをいくつか紹介しましょう。
Freepik
ユキヒョウのhabitat(生活環境)
中央アジアから南アジアにかけての山岳地帯、標高3350〜6700mの高地に棲息します。夏場は樹上や山の草地、岩場などに生息し、冬場は森林に潜ることもあります。
Getty Images
残された標本数は
ユキヒョウは非常にシャイで秘密主義的な性格をしているため、発見、調査、生息数の推定が非常に困難です。世界の標本数は4,000〜6,500頭と言われています。しかし、繁殖期の年齢のユキヒョウは約2,500頭(全個体数の約50%)と言われています。最近、パキスタンから良い知らせが届き、この標本数はわずかに増加しているということです。
Getty Images
ユキヒョウの主な脅威は何?
ユキヒョウは超捕食動物(食物連鎖の頂点に立ち、他の動物に捕食されない)であるにもかかわらず、いくつかの要因によりその生存が危ぶまれ、専門機関によって絶滅の危機にある動物として分類されています。第一の原因は、人間の介入と気候変動によるhabitat の破壊からくる獲物の不足です。第二の要因は密猟で、絶対的に違法であるにもかかわらず、この動物はその美しい毛皮のためにハンターに脅かされています。最後に、採掘環境も問題です。採掘者は危険な化学物質や爆発物を使用して、ヒョウが生息する山から鉱物を採取しているのです。
Freepik
この動物を保護するために、多くの協会が設立されている
ヒョウを保護するために多くの協会が設立されました。最も重要なものは、Snow Leopard Trust 、Snow Leopard Conservancy 、Snow Leopard Network 、Cat Specialist Group 、Panthera Corporation 。これらの団体は、この種が生息している国の政府と協力することが多いです。これらの団体の目的は、ヒョウが生息している場所の住民の意識を高め、この種の保護と管理を行うことです。例えば、WWFの協力のもと、いくつかの団体は調査目的でフォトトラップを使用しています。ヒョウがこのトラップを作動させるとすぐに住民に警告が出され、家畜を保護し、最終的には写真に撮って異なる標本を識別し、保護することができるのです。
Getty Images
このネコ科動物の尻尾には、2つの役割がある
長く太い尾(約80-100cm)には基本的な保護機能があり、凍えるような長い冬には、尾をマフラーのようにマズルに巻きつけて休息し、暖をとることができます。また、尾は岩場を登るときにバランスを保つのにも役立ちます。
Freepik
ユキヒョウは吠えない
ユキヒョウは肉食の大型ネコ科動物であるにもかかわらず、吠えることができず、ニャーと鳴くだけです。その鳴き声は、明らかに家猫とは異なり、不平不満のような悲痛な叫びのようなものに聞こえます。学者によっては、ユキヒョウは、Panthera 属の中で唯一、鳴くことができる種であると考えられています。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.