動物の好奇心

絶滅危惧種の保護の必要性を再認識させるクロサイの赤ちゃん、マガシ君

チェコ共和国のSafari Park Dvur Kralove で3頭目のクロサイが誕生したことは、絶滅の危機に瀕しているこの種の保護にとって希望的なニュースです。この動物は、Magashi マガシと名付けられました。

このようなサイの誕生は、過去1年間に世界中の動物園で6頭しか誕生しておらず、そのうち3頭がDvur Kralove で誕生していたことを考えると、今回の誕生はユニークな出来事と言えます。

このフォトギャラリーでは、Magashi の誕生の経緯と、クロサイの保護に関するより広い背景を探ります。

ANSA
ようこそMagashi!
サファリパーク「Safari Park Dvůr Králové 」(所在地:チェコ共和国、Dvůr Králové nad Labem )では、絶滅危惧種の動物保護において、わずか1年で3頭目のクロサイを誕生させるという重要な節目を迎えました。この子はオスで、Magashi マガシと名付けられ、体重は36キログラムです。(出典:ANSA とczechia.postsen.com)
ANSA
絶滅の危機に瀕している種
今回のクロサイの誕生は、この絶滅危惧種の保護に取り組むサファリパークの繁殖チームの努力により実現したものです。現在、世界中の動物園のなかで最も多くのクロサイを飼育しており、オスは49頭目の誕生となります。
ANSA
良い相棒
Magashi は、別のオスKyiv Edaの誕生からちょうど1年後に誕生しました 。また、12月13日には同種のメスが誕生しています。
ANSA
親子でハッピー
今回の新しい誕生は、2020年秋にイギリスからサファリパークに到着した繁殖オスのEmbua とメスMaisha17歳の最初の子供です。
ANSA
とても重要なイベント
クロサイの誕生は、Safari Park Dvur Kralove にとって、世界の種の保護にとって非常に重要な出来事です。狩猟や象牙の取引によって絶滅の危機に瀕しているこの生き物を保護するために、公園は努力を続けています。Magashi と過去1年間に生まれた他の子サイの誕生により、同公園はこの脆弱な種の保護に一歩近づいたと言えるでしょう。
01/01/1970
01/01/1970
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.