PETS

犬や猫の赤目:主な原因

ペットである犬や猫の目が赤くなることがありますが、これは健康上の問題のサインである可能性があります。

このフォトギャラリーでは、犬や猫の目が赤くなる主な原因を探り、単なる目の炎症なのか、あるいは獣医を必要とする深刻な問題なのかを見分ける方法を紹介します。

赤目の原因となる疾患は、単純な環境要因から、深刻な感染症まで様々ですが、ペットが幸せで健康でいられるようにケアするためには、その見分け方を知ることが重要です。(Mallard Creek Vet - 動物病院)

Freepik
犬や猫の赤目:主な原因
ペットである犬や猫の目が赤くなることがありますが、これは健康上の問題のサインである可能性があります。このフォトギャラリーでは、犬や猫の目が赤くなる主な原因を探り、単なる目の炎症なのか、あるいは獣医を必要とする深刻な問題なのかを見分ける方法を紹介します。(Mallard Creek Vet - 動物病院)
Freepik
結膜炎
ペットの結膜炎は、眼球のまぶたと強膜を覆う組織の炎症によって特徴づけられる症状です。環境要因、アレルギー反応、皮膚疾患、ドライアイ、細菌やウイルスの感染(特に猫)など、発症の原因はさまざまです。結膜炎の原因となる疾患の中には、角膜やまぶたにも影響を及ぼすものがあります。
Freepik
角膜潰瘍
角膜の表面には、犬や猫にも見られる角膜潰瘍と呼ばれる欠陥が存在することがあります。角膜潰瘍は、睫毛の折り返し、瞼の下の異物、顔の外傷、感染症、ドライアイ、角膜細胞の障害、眼窩が浅い平たい顔の動物で眼球が長時間露出するなどの複数の要因で引き起こされます。この症状は非常に痛みが強く、表層型と深層型があり、その結果、眼球に穴が開く危険性があります。
Freepik
トラウマ
目の外側が外傷を受けると、結膜炎によく似た強膜(白い部分)の充血が起こります。一方、頭部に外傷を受けた場合は、内出血を起こし、角膜の奥が暗赤色となることがあります。また、出血性疾患などの病態では、眼球内に血液が貯留することがあります。
Freepik
ぶどう膜炎
ぶどう膜炎は、眼球の内側の炎症性疾患で、他の基礎的な問題がある場合にのみ発生します。ぶどう膜炎の原因としては、感染症、ダニが媒介する病気、免疫異常、がんなど、生体全体に影響を及ぼすさまざまな病気のほか、白内障など特定の目の病気も含まれます。ぶどう膜炎は非常に痛みを伴い、緑内障の危険因子となることもあります。
Freepik
緑内障
緑内障は眼圧の上昇として現れ、一部の犬種では遺伝性の疾患です。原因としては、ぶどう膜炎、水晶体の脱臼、眼球腫瘍などが挙げられます。この病気は重篤な障害を伴い、視力を失うこともあります。緑内障が突然発症した場合、失明を防ぐために早期の介入が必要です。
Freepik
チェリーアイ
“チェリーアイ”と呼ばれる症状は、目頭から目蓋腺が脱出し、丸みを帯びた赤やピンクの膨らみができることで起こります。緊急の受診は必要ありませんが、目やにや目を細めるなどの症状がない限り、脱出した目やにが不快感を与え、眼球腫瘍と混同されることがありますので、眼科受診をおすすめします。通常、治療には手術が必要です。
アートギャラリー プライベートコレクション
20/02/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
19/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.