PETS

犬や猫にとって危険な(一部致命的な)植物:どの植物を避ければいいのか?

植物は私たちの家庭の中にもあるものですが、その危険性、特に犬や猫などのペットに対する危険性については、私たちは必ずしも意識しているわけではありません。

植物の種類やその一部には、ペットにとって有毒なものがあり、深刻な健康被害を引き起こすこともあるので、どのような植物に注意すべきかを知ることは重要です。

このフォトギャラリーでは、一般的な植物だけでなく、あまり知られていない、ペットの健康を害する可能性のある植物を紹介しています。

そして、どの植物が動物の安全を脅かすかを理解し、問題を回避するための正しい予防策を講じることができるようになります。(出典:aspcapro.org)

Wikimedia - Stan Shebs
Giglio (Lilium)ユリ
Liliaceae ユリの仲間は、猫にとって、特に腎臓に非常に強い毒性があるとされています。これらの植物を少量でも摂取すると、深刻なダメージを受けることがあります。(出典:aspcapro.org )
Wikimedia - Didier Descouens
セイヨウイチイ (Taxus baccata)
この植物にはタキシンという毒性があり、震えや協調運動障害、呼吸困難など中枢神経系に影響を及ぼします。より深刻な影響としては、胃腸の炎症、心不全などがあり、死に至ることもあります。イチイは「死の木」とも呼ばれています。(出典:aspcapro.org)
Wikimedia - Holek
ソテツ (Cycas revoluta)
この植物のすべての部分に毒がありますが、最も危険なのは種子です。種子には毒素が含まれており、嘔吐、下痢、痙攣、肝不全を引き起こすことがあります。 (出典:aspcapro.org)
Wikimedia - Di Cdpanic
Kalanchoeカランコエ(Crassulaceaeベンケイソウ科)
この植物には、胃腸に刺激を与える成分や、心拍数やリズムを変化させて心臓を危険にさらす成分があります。 (出典:aspcapro.org)
Wikimedia - Alvesgaspar
キョウチクトウ (Nerium oleander)
動物が摂取すると、消化管の炎症、心機能の異常、低体温、そして死に至ることもあります。(出典:aspcapro.org)
Wikimedia - Stanislav Doronenko
菊 (Chrysanthemum)
Compositaeキク科の植物にはピレトリンが含まれており、摂取すると胃腸障害、嘔吐、下痢を引き起こす可能性があります。より深刻な影響は協調性の喪失です。(出典:aspcapro.org)
Wikimedia - Alvesgaspar
シクラメン (Cyclamen)
動物がシクラメンを摂取すると、胃腸の炎症や激しい嘔吐を引き起こし、ひどい場合には死に至ることもあります。この毒性物質の濃度は、通常、植物の根の部分に最も多く含まれています。(出典:aspcapro.org)
Wikimedia - Jim Evans
ツツジ / シャクナゲ (Rhododendron)
この植物は、動物に嘔吐、よだれ、下痢、衰弱、中枢神経系の抑制を引き起こす物質であるグレアントキシンを含むため、非常に有毒と考えられています。最も重い症状では、昏睡状態に陥り、心臓血管の崩壊により死に至ることもあります。 (出典:aspcapro.org)
アートギャラリー プライベートコレクション
20/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.