動物の好奇心

世界で最も聴覚が優れている動物は?

非常に敏感な聴覚能力を持ち、非常に高い周波数や低い周波数の音を感知できる動物がいます。触角に聴覚器官を持つ昆虫さえいるのです。

人間は40ヘルツ(超低音)から2万ヘルツの範囲の音を知覚できます。一方、コウモリは30万ヘルツまでの周波数を感知することができるのです。

それでは、聴覚が最も発達している他の動物を一緒に調べてみましょう。

freeepik
世界で最も聴覚に優れた動物たち
非常に敏感な聴覚能力を持ち、非常に高い周波数や低い周波数の音を感知できる動物がいます。触角に聴覚器官を持つ昆虫さえいます。人間は40ヘルツ(超低音)から2万ヘルツの範囲の音を知覚できます。一方、コウモリは30万ヘルツまでの周波数を感知することができるのです。それでは、聴覚が最も発達している他の動物を一緒に調べてみましょう。(出典:impuls.migros.ch)
freepik
チューリッヒ大学分子生物学研究所のステファン・ノイハウ教授(神経生物学)による説明
原理的には、すべての哺乳類の聴覚は人間と同じように機能しています。実際には、空気中を伝播して中耳に達し、鼓膜を通って内耳に到達する音波を知覚するというシステムです。海洋哺乳類では、音は水中を振動によって耳まで伝搬します。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ectophylla_alba_in_hand.jpg#/media/File:Ectophylla_alba_in_h
人間とコウモリの聴覚
人間は40ヘルツ(超低音)から2万ヘルツの範囲の音を知覚します。音はヘルツ、つまり1秒あたりの振動数で測定されます。ちなみにコウモリは300,000ヘルツまでの周波数を知覚します。そして、人間の知覚可能な周波数の上限は年齢とともに低下する傾向があり、それは10年ごとに約2,000ヘルツ低下していきます。
Freepik
犬の聴覚は非常に発達しており、非常に高い周波数の音を知覚することができます。例えば、犬の口笛は人間の耳には聞こえない音を発しているのです。また、草むらの動物のざわめきを聞き分けたり、遠く離れた飼い主の足音を聞き分けたりすることもできるのです。
Freepik
猫はペットとして飼う前は基本的に肉食動物であり、45ヘルツから64,000ヘルツまでの幅広い周波数の音を感知することができます。さらに、耳を効果的に回転させることができるため、さまざまな方向からの音を拾うことができ、この点では犬を凌ぎます。
Freepik
馬は優れた聴覚を持ち、さまざまな方向に耳を向けることで、どこから物音がするのかを察知することができます。野生の馬の群れでは、1頭の馬が聴覚を頼りに他の馬を危険から守る「歩哨」の役割を果たします。
Di Christiaan Kooyman - Opera propria, Pubblico dominio, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?c
バッタ(キリギリス科)
バッタの聴覚器官は頭の両側ではなく、体の他の場所にあることがほとんどです。この場合は「膝」にあり、他の昆虫の場合は触角にあります。
freepik
イルカ
イルカが水中でよく聞こえるのは、コウモリと似ていますが、それはさらに効果的なエコーロケーション・システムのおかげです。異なる方向に異なる周波数の超音波を2回発することで、高度な方法で物体の位置を特定し、航行することができるのです。この能力を利用して、有機物を探したり、海底に埋もれている魚を見つけたりするのです。要するに、イルカは非常に高度なナビゲーション・システムを持っているのです。
freepik
クジラ
低周波コミュニケーションによって、クジラは2000kmの距離を移動することができます。この能力がなければ、長距離を移動して伴侶を見つけることは難しいでしょう。
freepik
コウモリ
コウモリはエコーロケーション(反響定位)という能力のおかげで、聴覚を使って自分の位置を確認することができます。周囲の物体に反射する超音波を発することで、コウモリは物体の距離、方向、移動速度を認識することができるのです。この動物は高度に発達した聴覚を持っていますが、ほとんど目が見えません。
Charles J. Sharp, Wikimedia
ゾウ
ゾウはその大きな耳のおかげで、10マイル(約16km)以上先の微細な振動を感じ取ることができます。 しかし、ゾウがその大きな耳を使うのは、主に体を冷やすためです。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.