キャッツ

猫の頭部外傷:主な臨床的警告サイン

猫の頭部外傷は、車との衝突や高いところからの落下など、さまざまな出来事によって引き起こされ、猫の健康や生活の質に長期的な外傷をもたらす可能性があります。

異常行動から歩行困難や起立困難、首を傾げることから嘔吐や痙攣に至るまで、猫の頭部外傷を示すサインは数多く存在します。

このフォトギャラリーでは、猫の頭部外傷の最も一般的な症状をリストアップし、猫の健康を確保するために正しく識別して行動できるよう、完全な概要を提供することを目的としています。(出典:cats.com)

Freepik
猫の頭部外傷:主な臨床的警告サイン
猫の頭部外傷は、車との衝突や高いところからの落下など、さまざまな出来事によって引き起こされ、猫の健康や生活の質に長期的な外傷を与える可能性があります。このフォトギャラリーでは、猫の頭部外傷の最も一般的な症状をリストアップし、愛猫の健康を確保するために正しく識別して行動できるよう、包括的な概要を提供することを目的としています。(出典:cats.com)
Freepik
異常な行動
猫がぼんやりとした様子で、意識がはっきりしない場合は、頭に怪我をしたサインかもしれません。異常行動は、大きな鳴き声やヒスノイズを伴うことがあります。
Freepik
歩きにくい、立ちにくい
愛猫を観察しているときに、バランスを保つのが難しい、立つのが難しい、歩くのが難しいということに気づいたら、それは何かの警告サインかもしれません。猫がつまずいたり、転んだりするようになったら、その原因は頭部外傷である可能性が非常に高いです。
Freepik
瞳孔の大きさ
猫の瞳孔が(通常の大きさと比べて)小さい場合、頭部外傷の可能性があります。さらに心配なのは、頭部外傷の後に瞳孔が非常に拡張した場合で、これは脳外傷の兆候である可能性があります。
Freepik
首を傾げる
頭を打った後、猫が首を傾げる傾向がある場合、それは良い兆候ではありません。潜在的な脳の損傷を示す可能性があります。また、異常な眼球運動を伴うこともあります。
Freepik
痙攣
頭部外傷後に起こるけいれんは、脳の損傷を示します。重症の場合、痙攣は時に過剰な唾液分泌、意識喪失、身体機能喪失を伴います。
Freepik
嘔吐
猫の嘔吐にはさまざまな原因がありますが、頭部外傷の可能性がある場合は、すぐに獣医に連れて行くべきでしょう。
Freepik
意識消失
特に瞳孔が非常に大きい場合、重大な脳障害が起きている可能性があります。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/06/2024
ハリウッドニュース
12/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.