猛獣

ベトナム、胆汁採取から救出されたクマのレスキューセンターからの写真

Tam Dao (ベトナム) のクマ救護センターは、首都Hanoi から約70kmのところに位置しています。

約3万平方メートルの面積を持ち、快適な半自然の囲いの中でクマのリハビリテーションを行っています。現在、約200頭のクマが収容されており、彼らはすべて胆汁抽出の繁殖産業から救出されたものです。

このセンターはAnimals Asia Foundation によって運営されており、Bach Ma国立公園内に建設されたクマ救護センターの運営を世話しています。

ANSA
ベトナムのクマ救出センター
Tam Dao (ベトナム) のクマ救護センターは、首都Hanoi から約 70km のところにあります。
ANSA
構成内容
レスキューセンターの敷地面積は約3万平方メートルで、クマたちは快適な半自然の囲いの中でリハビリテーションを受けています。現在、約200頭のクマが収容されていますが、彼らはすべて胆汁抽出の繁殖産業から救出されたものです。
ANSA
Animals Asia Foundation
このセンターはAnimals Asia Foundation によって運営されており、Thua Thien Hue 省にある、Bach Ma国立公園内に建設された熊の救助センターの運営を世話しています。ベトナム森林保護局によると、国内にはまだ胆汁用に飼育されたクマが約300頭いるといいます。
ANSA
バイルファーム
東南アジアにあるチベット熊の集中飼育場では、漢方薬の原料である胆汁を採取するために、熊を狭い檻の中に閉じ込めています。
ANSA
クマを守るためのコミットメント
1993年、イギリス人のJill Robinson は、チベット熊と胆汁農場の問題に初めて積極的に取り組み、1998年にAnimal Asia Foundation を設立しました。続いて1999年には「Rescued Bears Recovery Centre」を立ち上げました。中国政府との間で、これらの施設の完全な閉鎖に向けた交渉が続いているといいます。
01/01/1970
01/01/1970
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.