動物の好奇心

シマウマについてあなたが知らない珍事

シマウマはウマと同じくウマ科に属する。アフリカの東部と南部に生息する草食動物で、他のウマ科の動物とは対照的に、特徴的な縞模様の被毛で区別される。

シマウマの縞模様については諸説ある。カモフラージュの役割を果たすという動物学者もいれば、シマウマの社会的相互作用の一端を担っているという動物学者もいる。それだけでなく、長年にわたって立てられてきた仮説は数多くある。

中には、シマウマの縞模様は昆虫に対する防御の一形態であり、昆虫は縞模様に邪魔されるため、シマウマを刺そうとはしない、という仮説まである。

freepik
シマウマの縞模様にまつわる諸説
シマウマはウマと同じくウマ科に属する。アフリカの東部と南部に生息する草食動物で、他のウマ科の動物とは対照的に、特徴的な縞模様の被毛で区別される。シマウマの縞模様については諸説ある。カモフラージュの役割を果たすという動物学者もいれば、シマウマの社会的相互作用の一端を担っているという動物学者もいる。
freepik
縞模様は昆虫に対する防御なのか?
しかしそれだけでなく、長年にわたってさまざまな仮説が立てられてきた。シマウマの縞模様は昆虫に対する防御の一形態であり、昆虫は縞模様に邪魔されるため、シマウマを刺そうとはしないのだ、と推測する者さえいる。
freepik
シマウマのコミュニケーション
シマウマの縞模様は社交のためのものだという憶測があるとすれば、シマウマには互いに交流するための典型的なジェスチャーがたくさんあると言わざるを得ない。鼻をこすり合わせたり、頬をこすり合わせたり、首や肩や背中をかじり合ったり、鼻をお互いの背中に乗せたりして挨拶するのだ。
freepik
団体生活
シマウマは群れで生活し、それぞれの群れを種馬が支配する。若い雄は2~3歳になると群れを離れ、他の群れから雌を奪って自分たちの群れを作る。
freepik
妊娠と離乳
シマウマの妊娠期間は約12ヶ月で、1シーズンに1頭の仔馬が繁殖される。出生時の子供の体重は約25kg。離乳は生後10ヶ月頃に行われる。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/06/2024
ハリウッドニュース
12/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.