動物の好奇心

ドイツ、絶滅を改善するためにオーデル川でチョウザメ700匹を放流

ドイツから素敵な話が届きました。先日、Leibnitz淡水生態・内陸漁業研究所(IGB)とメクレンブルク・ウェスト・ポメラニア地方漁業事務所の職員が、飼育下で育てたバルチョウザメの仔魚約700匹と3歳の標本20匹を、再繁殖活動の一環として Oder川に放流しました。

バルチョウザメは、かつてバルト海沿岸に生息していた魚の一種ですが、乱獲と水路の開発により、1950年代には絶滅寸前まで追い込まれました。

現在進行中のOder川の再生プロジェクトは、2007年にカナダのSaint John川から遺伝的に同一のドナー魚を採取して始まりました。

Getty Images
Oder ドイツ、絶滅を救済するため700匹のチョウザメを川に放流
ドイツから美しい物語が届きました。Leibnitz Oder 数日前、淡水生態・内陸漁業研究所(IGB)とメクレンブルク=西ポメラニア地方漁業事務所の職員が、現在進行中の再飼育の一環として、飼育下で育てたバルティックチョウザメの仔魚約700頭と3歳の標本20頭を川に放しました。
Getty Images
Oder ドイツ、絶滅を救済するため700匹のチョウザメを川に放流
バルチョウザメは、かつてバルト海沿岸に生息していた魚の一種ですが、乱獲と水路の開発により、1950年代にはこの地域で絶滅寸前まで追い込まれました。
Getty Images
Oder ドイツ、絶滅を救済するため700匹のチョウザメを川に放流
Saint John 現Oder在進行中の川の修復プロジェクトは、2007年にカナダの川から遺伝子的に同一のドナーフィッシュを採取して始まりました。
Getty Images
Oder ドイツ、絶滅を救済するため700匹のチョウザメを川に放流
バルチョウザメは15歳くらいで生殖成熟し、100歳以上生き、体長は5メートルに達します。生涯の大半をバルト海で過ごし、産卵のためにOder川に戻ってきます。
Getty Images
Oder ドイツ、絶滅を救済するため700匹のチョウザメを川に放流
すでに2020年、メクレンブルク=フォアポンメルン州研究センターの水産研究所は、バルト海地域のチョウザメの再繁殖を促進するために130万ユーロの援助を受けています。その目的は、自立的に繁殖できるチョウザメの個体群を確立することでした。
Getty Images
Oder ドイツ、絶滅を救済するため700匹のチョウザメを川に放流
研究所の再飼育活動では、繁殖能力の高い標本を飼育し、アマチュアやプロの漁師とともにモニタリングシステムを構築しました。また、バルト海沿岸の南・東部諸国を中心とした国際協力も推進されました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.