動物の好奇心

カモノハシは、卵を産む世界で5種の哺乳類のうちの1種である。

カモノハシはオーストラリア東部原産の半水棲の小型哺乳類です。

現存する5種の産卵哺乳類のうちの1種であり、それを特徴づけているのは、そのユニークな生理機能です。

カモノハシには網状の足があり、アヒルに似た広くて硬い鼻があります。また、胴体と幅広く平たい尾は完全に茶色の毛で覆われています。

Getty Images
カモノハシのユニークな特徴
カモノハシはオーストラリア東部に生息する半水棲の小型哺乳類で、現存する5種の産卵哺乳類のうちの1種です。カモノハシを特徴づけているのは、そのユニークな生理機能にあります。
ANSA
カモノハシの驚くべき姿
カモノハシには網状の足があり、アヒルを思わせる広くて硬い鼻を持っています。また、胴体と幅広く平たい尾は茶色の毛で完全に覆われています。
freepik
カモノハシの大きさ
カモノハシの大きさは実にさまざまです。体重は1キロ未満から2キロ以上、体長は30センチから40センチ、尾は10センチから15センチ。オスはメスより3分の1ほど大きいサイズです。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Wild_Platypus_4.jpg#/media/File:Wild_Platypus_4.jpg
オスのカモノハシの毒
オスのカモノハシには後ろ足に空洞があり、捕食者から身を守るため、あるいは縄張り争いの際に毒を注入するために使われます。おそらくこのことについて、誰もが知っているわけではないでしょう。この毒に触れると、致死量には至らないものの、即座に強い痛みを感じることがあります。一方、この毒は犬や小型のペットには致命的となります。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ornithorhynchus_anatinus_-_in_water.jpg#/media/File:Ornithor
アボリジニの伝説
オーストラリア・アボリジニの伝説によると、カモノハシは一羽のアヒルとそれをさらった水鼠との出会いによって生まれた交配種だと言われています。その結果、クチバシと毛皮を持ち、網状の4本足を持つ2匹の子どもを産んだと言われているのです。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.