動物の好奇心

シャチがボートに突っ込むようになった理由、科学者が解明を試みる

科学者たちは、イベリア半島のシャチの群れがなぜヨットを追いかけ、舵を折るようになったのかを理解しようとしています。この奇妙な行動の背景には何があるのでしょうか?

殺人鬼シャチとして知られているにもかかわらず、この動物は過去に人間に対して攻撃的であったことはなく、2020年以来、このイベリアシャチのグループは、現在科学者によって監視されている行動を繰り返しているのです。

この点について、科学者たちがどのような仮説を立てているのか、理解してみましょう。

Getty Images
シャチの群れの間で新しい行動が流行しているようだ
科学者たちは、イベリア半島のシャチの群れがなぜヨットを追いかけ、舵を折るようになったのかを理解しようとしています。この奇妙な行動の背景には何があるのでしょうか?殺人鬼シャチとして知られているにもかかわらず、この動物は過去に人間に対して攻撃的であったことはなく、2020年以来、このイベリアシャチのグループは、現在科学者たちが監視している行動を繰り返し見せているのです。この点について、研究者たちがどのような仮説を立てているのか、理解してみましょう。
Getty Images
研究プロジェクト
この研究プロジェクトを立ち上げたのは、専門家のルノー・ド・ステファニスです。野生のシャチに偽物の舵を与え、それを撮影するというものです。今のところ判明しているのは、シャチは舵を噛むのではなく、折れるまで鼻で押すということです。要するに一種のゲームです。
Getty Images
シャチはただ遊びたいだけ
ルノー・ド・ステファニによれば、もしシャチが本当に船を難破させるつもりなら、10分もあればできるだろうといiます。しかし、彼らの目的は船と戯れることにあるようです。この「遊び」のせいで、2022年から2023年の間に少なくとも3隻のヨットが沈められることになってしまいました。
Getty Images
レポート増加
シャチにとって本質的に遊びの形をとるこの新しい行動は、ますます広まりつつあるようです。2022年には207件のシャチとの交流が報告されました(2021年は197件、2020年は52件)。
Getty Images
科学者が立てた2つの仮説
科学者たちは、この「遊び」を説明するために2つの仮説を立てています。1つ目の仮説は、シャチの間では遊びは一種の楽しみであり、流行であるという事実に集約されます。2つ目は、“トラウマ”の可能性があり、動物に依然として影響を与えている人間の行動に関連しています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.