キャッツ

これらの兆候は、猫が緊急に獣医のところに行く必要があることを示しています。

猫は素晴らしい動物であり、忠実な仲間ですが、すべての生き物と同様に、時折、医療処置が必要になることがあります。

あなたは責任感が強く、勤勉な愛猫家かもしれませんが、愛猫がすぐに動物病院での治療を必要としているサインを、いつも見分けられるとは限りません。

そこで私たちは、猫の飼い主が、できるだけ早く獣医に連れて行くべき時期を示すサインを理解するのに役立つフォトギャラリーを作成しました。(出典:veterinaryemergencygroup)

Freepik
これらの兆候は、猫が緊急に獣医に行く必要があることを示します。
猫は素晴らしい動物であり、忠実な仲間ですが、すべての生き物と同様に、時折、医療処置が必要になることがあります。あなたは責任感が強く、勤勉な愛猫家かもしれませんが、愛猫がすぐに動物病院での治療を必要としていることを示すサインを、いつも見分けられるとは限りません。そこで私たちは、猫の飼い主が、猫の友人をできるだけ早く獣医に連れて行く時期かもしれないことを示すサインを理解するのに役立つフォトギャラリーを作成しました。(source:veterinaryemergencygroup)
Freepik
倒れたり、目覚めが悪かったりする
突然失神したり、起こすべき時に刺激に反応しない(起きない)猫は、緊急に獣医さんに連れて行く必要があります。
Freepik
呼吸困難
猫が呼吸をするのに苦労して力んでいる場合は、すぐに獣医のところに連れて行かなければなりません。必要に応じて、舌や歯茎の色の変化(青色傾向)を確認することができます。
Freepik
嘔吐(おうと
非常に短い時間(数時間)内に頻繁に起こる嘔吐は、猫が健康上の問題を抱えている可能性を示すサインであり、脱水を避けるために直ちに治療する必要があります。
Freepik
事故・中毒・熱中症
当たり前のことですが、事故(転倒でも可)、中毒の疑い、手足の麻痺などの場合は、速やかに獣医さんに連れて行く必要があります。
Freepik
腹痛
常に背中を丸めていたり、呼吸が荒いなどのサインは、腹痛を示す可能性があるサインです。少なくとも30分間は猫の様子を観察し、そのような状態が続くようであれば、緊急の獣医に診てもらう必要があります。
Freepik
熱中症
猫が口を開けて呼吸したり、鼻で呼吸せずに喘いだりする場合は問題なので、獣医に早く評価してもらう必要があります。
Getty Images
疲労感のある排尿
排尿しようとして尿が出なかったり、トイレに行くときに痛がって泣いたりする猫は、命に関わる緊急事態になる可能性があるので、急いで獣医さんを訪ねてください。
Getty Images
それは、泣く
もし、あなたの猫が特定の場所を触ると泣くのであれば、すぐに獣医さんに連れて行き、原因を突き止めるべきです。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.