動物の好奇心

絶滅の危機にある動物:絶滅の危機にあるウミガメの美しさ

ウミガメは、海洋生活に適応したウミガメ科である。頑丈な甲羅に覆われた細長い体形と、ひれ状の「足」の存在により、ウミガメは海洋生活に完璧に適応している。

地球上で最も古い四肢動物のひとつであるが、ここ数十年、海の気候変動や食料資源の減少、海の汚染などにより、国際社会による保護が必要な絶滅危惧種となっている。

人間の狩猟もまた、この種を絶滅寸前まで追い込んだ一因であることは否定できない。この素晴らしい動物についてもっと知ることで、世界的な再繁殖に貢献できるかもしれない。

Pexels
ウミガメ
ウミガメは、海洋生活に適応したウミガメ科である。頑丈な甲羅に覆われた細長い体形と、ヒレ状の「足」の存在により、ウミガメは海洋生活に完璧に適応している。人間による狩猟もまた、この種を絶滅寸前まで追い込んだ一因であることは否定できない。この素晴らしい動物についてもっと知ることで、世界的な再繁殖に貢献できるかもしれない。
Pexels
今、絶滅の危機に瀕している
地球上で最も古い四肢動物のひとつだが、ここ数十年、海の気候変動や食料資源の減少、海の汚染などにより、国際社会による保護が必要な絶滅危惧種となっている。海中のプラスチックを餌と間違えて摂取し、死んでしまうのだ。さらに、大規模な海辺のリゾートの建設に伴う砂浜の減少により、産卵に利用できる場所が大幅に減少している。WWFの推定では、地中海では15万頭のウミガメが漁具に引っかかり、そのうち4万頭以上が死んでいる。
Getty Images
海洋生態系に非常に有益である
ウミガメは海草を主食とする数少ない生物である。海草が成長し、生育するためには、絶え間ない剪定が必要である。ウミガメの放牧は、海草藻の健康維持に役立っている。海草藻は、数多くの海洋生物に繁殖と開発の場を提供している。
Getty Images
好奇心その1:カメは甲羅に閉じこもることができない
陸上のみで生活するカメとは異なり、ウミガメは身を守る手段として甲羅の中に引きこもる能力を持っていない。これは、ウミガメのボディプランが、陸上や淡水に生息するウミガメよりもフサフサしているためである。また、ウミガメは体が大きいため、捕食者から身を守ることができる。
Di Brocken Inaglory, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2483099
好奇心その2:ウミガメの性別は温度にも影響される
ウミガメの卵は産み落とされるとすぐに、まったく同じ胚の段階になる。卵が成長するピットの温度が、生まれてくるオスとメスの割合に影響する。いわゆる「ピボット温度」では、オス50%、メス50%となる。温度が高ければ高いほど、出てくるオスの量は多くなる。しかし、温度が出産に影響するのは、発育の第14段階から第20段階の間(つまり短期間)だけであることを念頭に置くべきである。
Getty Images
海に住むが、生まれは陸上である
性的に成熟すると、メスのウミガメは砂浜に上がり、砂の下の穴に卵(50個から350個)を産む。卵が孵化する瞬間は、ウミガメの一生で最も危険な瞬間である。この間、ウミガメは無防備な状態で、海鳥やカニなどの捕食者の餌食となる。
Getty Images
ウミガメの寿命
しかし、実際にウミガメはどれくらい生きられるのだろうか?最新の研究によれば、ウミガメの寿命は30年から60年である。しかし、100歳を超える個体も決して珍しくはない。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.