ドッグス

犬が震える理由と心配なとき

犬が震えることは珍しいことではありませんが、震えを誘発する要因は多岐にわたります。

感情的な理由で震えることもありますが、病気と関連していることもあります。したがって、この「症状」を過小評価することなく、頻繁に、あるいは長く続くようであれば、注意を払う必要があります。

なぜ震えているのかを理解し、獣医師と相談しながら対応する必要があるかどうかを判断するために、状況を分析することは間違いなく有効です。

freepik
犬が震える理由
犬が震えるのは珍しいことではなく、震えを誘発する要因は様々です。犬が震えるのは感情的な理由が多いですが、震えが何らかの病気と関連していることも事実です。そのため、この「症状」を過小評価せず、頻繁に、あるいは長く続く場合は注意が必要です。 状況を分析することで、犬が震えている理由を理解し、それに応じた対応をすることができ、獣医師と相談しながら行動を起こす必要があるかどうかを判断することができます。
freepik
興奮による震え
犬が特に興奮しているとき、この感情状態が震えを引き起こすことがあります。この場合、震えは、犬が興奮によって引き起こされた過剰なエネルギーを軽減するのに役立ちます。
freepik
老齢による震え
老犬の震えは、正確には老齢が原因であることがあります。長引く震えは、この場合、病気や痛みと関係している可能性もあります。
freepik
恐怖による震え
恐怖は、犬の震えの最も頻繁な引き金となるものの1つです。恐怖を感じている犬は、恐怖がもたらすストレスもあって、震えを起こしやすくなることがあります。
freepik
筋力低下による震え
犬の震えは、筋力低下によっても引き起こされることがあり、その場合は前足に影響を及ぼすことが多い(そして、震えが主に集中するのはここである)です。この場合、獣医に連絡することは、正しいことと言えるでしょう。
freepik
病気による震え
犬の震えは、さまざまな病態が引き金となって起こることがあります。症状が一過性でない場合や、明らかな理由がなく頻繁に起こる場合は、獣医に相談し、考えられる原因を見つけ治療する必要があります。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.