猛獣

記録的なワニ:メスとして初めて受精せずに卵を産んだ。

自然は、適応と生存のための並外れた表現で、私たちを驚かせてやみません。コスタリカの動物園では、2018年1月、メスのワニが16年間も孤独に暮らしていたにもかかわらず、卵を産むという前代未聞の出来事がありました。

この物語をさらに信じられないものにしているのは、この卵の中には、オスが受精することなく発育したものもあったということです。

このフォトギャラリーでは、ワニ界における単為生殖という驚異的な現象に迫り、この出来事の意味を明らかにするとともに、爬虫類動物の進化と生殖に関する新たな視点を切り開きます。

Getty Images (generic image)
記録的なメスワニが登場
自然は、適応と生存のための並外れた表現で、私たちを驚かせてやみません。コスタリカの動物園では、2018年1月、メスのワニが16年間も孤独に暮らしていたにもかかわらず、卵を産むという前代未聞の出来事がありました。この話がさらに信じられないのは、この卵の中には、受精することなく発育したものもあったということです。この記事では、ワニ界における単為生殖という驚異的な現象に迫り、この出来事の意味を明らかにするとともに、爬虫類動物の進化と生殖に関する新たな展望を切り開きます。
Getty Images (generic image)
特別なイベント
2018年1月、コスタリカのある動物園で、異例の出来事がありました。16年間も孤独に暮らしていたメスのワニが、卵を産み落としたのです。この状況をさらに特別なものにしていたのは、この卵の一部が受精なしで発育したという事実でした。この出来事は、世界各地の研究者の注目を集めました。
Getty Images (generic image)
初めての例
この卵から生まれたワニの赤ちゃんのうち1匹が単為生殖であったという驚くべき発見が、雑誌「Biology Letters 」に掲載されました。単為生殖とは、個体に母親の遺伝物質のみが含まれる処女懐胎現象のことです。単為生殖は、キングコブラやノコギリザメ、カリフォルニアコンドルなどで確認されていますが、ワニで確認されたのは今回が初めてとなります。今回の発見は、爬虫類の生殖の進化を研究する上で新たな可能性を切り開くものです。
Getty Images (generic image)
単為生殖
母体の中にある卵細胞が分裂を繰り返し、必要な遺伝子を半分だけ持った個体が誕生するのが処女懐胎です。このとき、極体と呼ばれる3つの小さな細胞嚢が作られますが、通常は分解されます。しかし、単為生殖が可能な脊椎動物では、極体が卵と融合し、染色体が揃った細胞を作り、個体を形成することができるのです。バージニア工科大学の昆虫学者で准教授のウォーレン・ブース氏は、このワニがそうであると思われると述べています。
Getty Images (generic image)
単為生殖の理由
単為生殖は有性生殖で生まれた個体に比べ、単為生殖で生まれた個体の生存率が低下する可能性があります。しかし、DNA解析が容易になったことで、単為生殖は当初考えられていたほど珍しいことではないことが分かってきました。この現象は、有性生殖の相手がいないときに、長期にわたって生存できる能力を種に与える可能性があります。親と同じ遺伝子を持つ単為生殖の個体は、交尾相手の到着を待つために十分な寿命を持ち、より元気な子孫を残す傾向がある有性生殖を可能にします。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.